top of page
  • トートーニーのナベシキ。

    生産ラインで避けるキズや検品時につけるペン跡がそのままの、断ち落としを用いて、造形作家・曽田 耕氏により縫製されています。

     

    「パーツはできるだけ切ったりせず、裁ち落としのまま作為なく縫い合わせている」と製作者である曽田氏は言う。

     

    素材を廃棄することなく、それらを集めて新しい製品として再生されたナベシキは、

    3層に重ね、パズルのようにパッチワークさており、どれもチャーミングで個性があります。

     

    熱っされたお鍋も置けるナベシキですが、革のため、熱が加わるとそれぞれの革が縮んでいきます。

    日々使っていくなかで「かわもの」あることとその変化も受け入れながら、育ててくださいね。

    Pot Mat - Brown × Camel ③

    ¥4,950Price

    Smooth and Velour of Cowhide(牛革のスムースと床ベロア)

    bottom of page